アクセス解析
カウンター
比良探検隊

日本百名山 筑波山にハンググライダー舞う!

比良探検隊トップへ  山行日別一覧へ   山域別一覧へ
 
筑波山コースマップ  
google earthのjpg(340KB)3Dmapはこちらへ

日本百名山 筑波山にハンググライダー舞う!

2006年4月9日(日)

さいたま市自宅8:00→筑波山10:00・・・つつじヶ丘登山口10:15→弁慶茶屋→女体山11:15→カタクリの里(昼食)→男体山→ロープウェイ女体山駅13:40→つつじヶ丘駅13:45・・・筑波温泉ホテル(日帰り温泉)


久々の山行。とはいっても女体山が最高峰(877m)の筑波山である。

だからゆっくり、さいたま市の自宅を8:00出発。
筑波山は天気がよければ、自宅から見える。玄関を出ると目に入る。

筑波山は特に登りたい山ではなかったが、独り気ままに山行していたころと違い、今では山登りに行くのも大変。日帰りで”了解”を得るのは、筑波山が精一杯だ。

谷川岳にどうしても行きたいのだが、最近雪崩の事故が多く、とても、いい出だせない。
そのうち、こっそり行くしかないかな・・・

さて、車を走らせちょうど2時間で目的地に着いてしまった。
もっと、混むかと思ったが道は空いていた。もちろん、高速には乗っていない。


筑波山は茨城県に入るとすぐわかる。ここは関東平野。ほかに山はない。


ロープウェイつつじヶ丘駅登山口からスタート。
筑波山は思った通り観光の山で、ケーブルカーやロープウェイで気軽に頂上に立てる。こんなことだろうと、スニーカーで行ったが、まったく浮いておらず、かえって登山靴など履いてこなくてよかった。中には上から下まできめている人もいたが、そちらのほうが、違和感があった。

こんな筑波山でも私にとっては久々の”山登り”だったので、最初は足が上がらず、日頃の運動不足を恨んだが、徐々に体がなれてきて、足はあがようになった。
しかし、足はあがるようになったが攣りそうないやな予感。

途中、奇岩が多くあった。それぞれに名前が付いていたが、それがかえって”観光のにおい”プンプン。

約1時間もすると、女体山(877m)に到着。神社脇を通り山頂へ。山頂は岩場で景色は抜群。関東平野が一望できる。空気が澄んでいれば、富士山やアルプスまでも見えるようだが、今日はまったく見えなかった。残念。

ロープウェイ女体山駅で”ロープウェイルートの隊員”を待つ。
合流後、”カタクリの里”で昼食をとり、男体山へ。
”カタクリの里"付近にはりっぱなブナ林があった。

男体山にも神社がある。というより山頂一帯が筑波神社の境内ということだ。
ここの山頂は完全に観光地化されており、筑波山自体がひとつの”遊園地”といったほうがよいかも知れない。


その後、女体山に戻る。
ここはいつも人でいっぱいらしい。

しかし、何かが違う・・・

みんな空を見上げている。ここは筑波山の最高峰。そこで見上げて何が見える?

そう思ったとき、飛行物体が空を舞う。ハンググライダーだ。

山頂を旋回している。明らかに山頂の人々を意識している。

山頂より3mくらい上空を旋回したときなど、うまく表現できないが、”ザァー!”という風を切る音がする。ものすごい迫力である。こちらが、手を振るとむこうも手を振っている。”かっこいい〜”



男体山からはパラグライダーも見えた。
このあたりは”空の遊び”が盛んなようだ。

ロープウェイで下山し、待望の日帰り温泉へ。
”ロープウェイ隊員”はこちらがメインのようだ。

筑波温泉ホテル。ここの湯は筑波山で唯一の温泉ということだ。
ここの露天風呂は最高!

露天風呂には桜の大木が枝を垂らし、その桜がまさに満開。

たまに花びらが舞い、湯船に。

空に舞う、ハンググライダー。
湯船に舞い散る、桜の花びら。

極楽だ〜

ロープウェイ隊員は隣の露天風呂でこけて大出血。
真っ赤な血吹雪が舞っていたようだ・・・


ロープウェイつつじヶ丘駅登山口 スタート

奇岩 弁慶七戻り

奇岩 高天ヶ原

奇岩 母の胎内くぐり


奇岩 大仏石

女体山 山頂より


女体山 山頂からの男体山

筑波山 山頂付近のブナ林


男体山 山頂より



カタクリの花




女体山 山頂 手を振る人々とハンググライダー

女体山 山頂 空を舞うハンググライダー


女体山 山頂 空を舞うハンググライダー
 
比良探検隊トップへ  山行日別一覧へ   山域別一覧へ